なぜ、今ベーシックインカムなのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ブロガーののとやです。

最近、ネット界隈で徐々に増えているのが、ベーシックインカムの議論。

テレビではあまり取り上げられないよね。

ベーシックインカムによって、被害を受ける既得権益の存在か、ベーシックインカムってなんか難しそうって思ってしまうかはわからないけど、それでもホリエモンとかベーシックインカム導入に向けての議論は少しずつ増えている。

僕が思うに、ベーシックインカムを取り入れないとこの国は取り残されてしまうと思っている。

なんで、今ベーシックインカムなのでしょうか??

まず1つに、産業構造の転換にある。

今までの時代は、とにかく欲しいがたくさんあった。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、車・・・

これらの商品を買うことによって、庶民の生活レベルが飛躍的に上がった。

しかし、今の時代で生活レベルが飛躍的に上げる物はどれくらいあるだろうか??

0に近い。

ほぼないといってもいいだろう。

庶民は生活のレベルが上がりきってしまい、どうしても欲しい物がない。

供給過多の時代になっている。

それなのに、狂ったように日本人は働くけど、多くの日本人の労働はいらないものを一生懸命売ろうとしている。

供給過多の時代においては、労働量が成果に比例しなくなった。

今の時代に消費者が求めるものは、物ではなくて経験

便利なものではなくて、楽しい経験が求められている時代に突入した。

その楽しい経験を提供するのは、日本の得意分野。

マンガ、旅行、料理、おもてなし・・・

たくさんの外国人や日本人を魅了するコンテンツや文化を日本は持っている。

その楽しい経験を提供する人が増えるように、ベーシックインカムを導入したらいい。

こういった分野はクリエイティブの分野でもあるから、儲かる人と儲からない人の差が大きくなるから、国がベーシックインカムで支援すべきだと思う。

ベーシックインカムが必要な理由2つ目に、失業問題がある。

ある調査会社の調べによると2030年には、50%の雇用が機械によって奪われると言われている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-19-23-21

参照:http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2014/07/post-5744.html

人工知能、ロボットの導入によって、人類は今までにない想像できないような世界がやってくる。

ドラえもんなのかマトリックスなのか、ターミネーターなのか。

いずれにしろ、人類には到底予想できないロボットの導入によって、生活観、労働観が変わるような世界に突入する。

確実にいえることは、労働=お金=生死(生活の質)の方程式は成り立たなくなる。

この原題の方程式である労働=お金=生死の方程式が未来の世界でも成り立っているのであれば、世界中で食糧をめぐる戦争が頻発することになるだろう。

人が働けるほどの仕事がないからね。

今までにない概念を導入しないと、社会不安が間違いなく起きる。

この時代においては、最低限のお金を支給するベーシックインカムの制度は、戦争を起こさないために必要不可欠となる。

ベーシックインカムの導入が遅れれば遅れるほど、失業問題に苦しむ人がたくさん増えることになる。

ベーシックインカムが必要な理由3つめが、少子高齢化社会への対応である。

これからの時代は、子どもが生まれないことによる超少子高齢化社会、人口減少社会へ突入する。

今の平均寿命は80歳と言われているが、それもさらに伸びていくだろう。

それも飛躍的に。

遺伝子にかんする研究が進んでいて、人は死ににくくなるかもしれない。

ロボットが医療を飛躍的に発展されるかもしれない。

それによって、さらに少子高齢化は進んでいく。

今ですら破綻状態と言われている年金制度が維持できるだろうか。

労働者が年金生活者を支えるという考え方を見直さざるおえないだろう。

ベーシックインカムに限らず、今の年金制度を変更しないといけないのは確実で、僕が考えるには、ベーシックインカムが1番いい制度だと思っている。

ちなみに、ロボットによって生産性が増す時代において少子高齢化はむしろいいこと。

ロボットが活躍する時代において、今の人口は多すぎるからね。

ベーシックインカムが必要な理由4つ目が労働問題がある。

いわゆるブラック企業と呼ばれている企業。

なぜ、日本においてブラック企業が存在できるかというと、日本人が辞めないから。

だから調子に乗って、ブラック企業は従業員を酷使することになる。

ここにベーシックインカムを導入したらどうなるか。

その企業で働くインセンティブが減るだろう。

そのことによって、ブラック企業が減っていく圧力になっていく。

そもそも、日本人は働き過ぎであることに気づいていないし、搾取されていることにも気づいていない。

ベーシックインカムが必要な理由5つ目が、労働意欲の向上にある。

今ある単純労働のほとんどは、ロボットに奪われるだろう。

ただ、言われたことをこなすような人材はいらなくなってしまう。

その一方で、必要な人材はモチベーションの高い人材。

ビジョンを持ち、人を巻き込むようなビジネスを起こせるような人が必要となってくる。

ベーシックインカムによって労働意欲が下がると言われているが、それは全くの誤解だ。

ベーシックインカムはむしろ、労働意欲の向上にむかっていく。

そもそも、日本人にとって働くことは義務みたいな考え方があり、働かなないと気持ちが落ち着かなくて、結局は働いてしまうだろう。

(働かなくなる人もいるがごく一部)

働くなと命令しても働いてしまうのが、日本人。

そんな日本人にベーシックインカムを導入すると、労働意欲は向上するだろう。

ここまで、なぜ今ベーシックインカムなのかについてまとめてみました。

ベーシックインカムについては、賛成、反対様々な議論がありますが、人工知能やロボットの台頭により、国民的な議論を呼ぶことでしょう。

ベーシックインカムは国の方向性、運命を変えるほどの大きな影響がある制度です。

いまのうちからベーシックインカムについての勉強をしていくことをおすすめしています。

ベーシックインカムについて以下のfacebookページで情報をあげていくので、ベーシックインカムに興味を持った方は、facebookいいねをしてください!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク