鳥越俊太郎、小池百合子、増田寛也が「バンキシャ」に出演!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥越俊太郎、小池百合子、増田寛也がバンキシャに生出演しました。

バンキシャに鳥越俊太郎、小池百合子、増田寛也がバンキシャに出演するとわかったのが、バ

バンキシャが楽しみですね。

特に、小池百合子と鳥越俊太郎の絡み。

前回、バイキングでは鳥越俊太郎と小池百合子が喧嘩しましたらね。

小池百合子と鳥越俊太郎が喧嘩!バイキングで

バイキングでの鳥越俊太郎、小池百合子、増田寛也を楽しみに見ましょう!

また、小池百合子、鳥越俊太郎、増田寛也の記事は以下にまとめています。

小池百合子 |

「小池百合子」の記事一覧です。

増田寛也 |

「増田寛也」の記事一覧です。

鳥越俊太郎 |

「鳥越俊太郎」の記事一覧です。

それでは、小池百合子、鳥越俊太郎、増田寛也のバンキシャでの発言を見ていきましょう。

福澤朗:最近になってこういった政策を打ち出したのですが、ずばり人員確保は出来るんですか??

鳥越俊太郎:今のままだと出来ないですね。やはり、全産業の平均賃金と保育士の場合、10万円くらい違うと思うんですね。少なくとも東京都で保育士の待遇改善、処遇改善をしていかないかぎり、人的確保が出来ませんので。箱は作ったけど、そこで子供達を育てる人がいないという状況は変わらないと思うんですね。

福澤朗:そして、増田さん。介護用ロボットなんですが、コストがかさむという理由で導入が進んでいないという現実がありますが、導入コストはどこから捻出するんですか??

増田寛也:基本は医療や介護一貫した地域包括システムを作ることだと思うんですが、その介護福祉資産資格を持っていてもなかなか現場に戻って来られない方がいらっしゃって。例えば入浴介助のときにアシストするようなそういう器具をつけると、かなり高齢の介護福祉士さんでも現場で入浴介助が出来る。したがって、各事業所でアシストするような器具を入れるとときに、基本的には区のお仕事でもあるんですが、都がしっかり財政面で支援をする。あるいは、事業所に直接導入していくようなそういう支援を検討すべきだと思っておりますし、そうなったらやりたいと思います。

福澤朗:そして小池さん。都内での保育所の建設。住民の反対運動もたくさん起きているようですが、施設が立てられる都有地っていうのは存在するのでしょうか??

小池百合子:はい。ございます。既に色々と精査をして例えば、市ヶ谷の商業学校が廃校になってしまうということで、そこをどう使うかということ。舛添都知事が韓国人の学校にするとおっしゃっていました。こういったところを子育て保育と、介護、と両方一緒にしたハイブリット型の施設を作るというのが一案です。それから、公園でも反対意見があった公園は非常にちっちゃいんですね。しかし、都が持っている公園の中ではいくつか使えるところもあります。こういったところでまずは場所の確保ということが優先される。もう一つ有るんですけども、東京の問題これ日本の問題かもしれませんけど、今貸家とかし室日本人全体で800戸を超えるんですね。これをですね都内の空き家空き室を有効利用する。これは保育施設にするのとそれから保育士さんや介護士さんの住居の確保を現物支給という形ですね、待遇改善をはかる。そのために、市区町村を都としてバックアップする。そういう感じで全く新しい方法を考えたほうがいいと思います。

古市憲寿:鳥越さん、さきほど3日間あれば問題の核心がわかるとおっしゃっていましたけどれども、待機児童問題これまで20年間以上解決できなかった最大の理由はなんだと思われますか。

鳥越俊太郎:それは1つはですね、場所の確保がなかなか難しかったということがありますよね。それからもちろん、日本の経済が公共事業や開発型の経済だったので、必要とされている福祉の現場、それは保育だったり介護だったりするんですけど。そこにちゃんと税金を投資してそれによって経済が回っていくような発想の転換が出来なかった。だから公共事業にどんどんお金を使って、開発にお金を使って社会福祉にお金が回ってこなかった。経済の循環の発想を変えなきゃいけない。そうすることによってある程度解決できると思っています。

古市憲寿:増田さんにお聞きしたいんですけども、HPで待機児童を8,500人を0人にしますと言っています。これはだいだい何日間あれば出来ますか。

増田寛也:任期中に4年間で必ず0にしますが、おそらく待機児童の数は8,500人じゃなくて潜在的にはもっと多いと思うんですよね。ですから、緊急プログラムで整備水準をもっとあげようと。だいたい今、対象の児童数の内41%くらい保育所を利用するということですけども、50%だいたい6万人分くらいは待機児童の整備をあげて、それから大事なことは保育士さんの処遇を改善したり、働き方の改革、育休をもっととりやくしたり、男性の家事育児参画を促すようなそういう総合的なことをやる。そういうことが大変重要だと思います。

伊佐治健:小池さんに伺います。待機児童や高齢者介護の問題。やはりこれは国の協力が不可欠ですね。今後ですね、政府の動きが悪い時安倍総理大臣を説得して動かす自信はありますか。

小池百合子;あります。それは国民にとっての政府であり行政であり、都の方は都民にとっての行政であり、そこは共通すると思うんですね。ですから、そこは連携をして進めることによって、効率的、法律上の問題、条例上の問題、そこをひょうそく合わせていくということが必要になってくると思います。そういう意味では安倍総理とは同じ方向を向いていると思います。

夏目三久:辞職した舛添前都知事で問題になったこの点を伺いたいと思います。

第一問。都知事になったらファーストクラスやスイートルームを使う?

鳥越俊太郎:✖
増田寛也:✖
小池百合子✖

夏目三久:東京都外に別荘を持っている。

鳥越俊太郎:◯
増田寛也:✖
小池百合子✖

夏目三久:都知事の給料は毎月およそ145万円。これはもらい過ぎだと思う。

鳥越俊太郎:◯
増田寛也:✖
小池百合子◯

夏目三久:都議会とは仲良くする。

鳥越俊太郎:◯
増田寛也:◯✖
小池百合子◯

伊佐治健:舛添さん、猪瀬さん2代続けて政治と金の問題でやめています。皆さん知事になってもそういった問題で追いつめられて辞めるというようなことは約束できますでしょうか。

鳥越俊太郎:◯
増田寛也:◯
小池百合子◯

福澤朗:増田さん、特に岩手県知事時代はどのクラスに乗っていたんですか??

増田寛也:ビジネスクラス、それから時にはファーストクラスを使ったことはあります。十数年前けれども。どちらも使わせていただきました。時代とともに、しっかりと見直しをして今回の場合、今の時はファーストクラスやスイートルームなどを使わない。こういうことで進んでまいります。

福澤朗:さあ、そして東京の外に別荘がある。鳥越さん別荘がある鳥越さん別荘を持っているということですがそこへの移動は当然のことながら都知事になるとなにになるのでしょうか。

鳥越俊太郎:マイカーですね。これは私の父親がどうしても富士山を見たいと思って、私相続を受けたんですね。私いらなかったですけどね、相続をしないといけなかったので一応受けました。今最近あまり使っていません。

福澤朗:給料なんですが、増田さんはもらい過ぎであるということに対して✖を出しているということは、これはそれくらいもらっても良いんじゃないかということなんですか。

増田寛也:仕事の内容でそれで都民がですねどういう評価をするのかそこが一番大事。税金を無駄に使わない。もっともっとその分働けという様々な意見があると思いますので、けして給与についてもらいすぎ贅沢だということであれば、直ちに引き下げるとか。まさに知事になってからしっかりと仕事をする。そういう中で私は税金の無駄遣いを絶対にしないようにしたいと思います。

福澤朗:小池さんが都議会とは仲良くする。◯を上げられました。ちょっと意外だと思う方も多いと思うんですが、真意をお聞かせください。

小池百合子:選挙が終わった後は都議会の方々とお話をしなければならない局面もたくさん出てくると思います。その意味では色々と提案させていくただく中で、そういった接点を持っていくという意味で仲良くすると書かせていただきました。中身次第になっていきますし、都議会の方から色々お話もあることでしょう。いずれにせよこれから都知事に選んで頂いた場合には、都議会との話し合いをこれは当然必要になってくると思います。

鳥越俊太郎から小池百合子への質問:小池さんに聞きます。私はですね東京都は非核宣言をするべきだと思います。それは核兵器の核と原発の核、両方です。脱原発と核兵器はいらない都市を作るという意味で、非核都市宣言を東京はメッセージを出したいと思っていますが。小池さんこの点についていかが思ってらっしゃいますか。

小池百合子:核兵器廃絶というのは我が国の外交においての大きな課題となっており、国連に方でもそのように訴えてきたというのはご承知のとおりであります。ただ、一つ一つの市が役割を担っているかというと私は違っているかと思います。むしろ、国の役目であり、外交の役目であり、防衛の役割であるとこのように思っておりますので、その考えはありません。

増田寛也から小池百合子への質問:都議会冒頭解散。まあ、喧嘩ふっかけたように見えたんですが、先ほどの回答を見ましたら仲良くするということなんですが、まあ事柄によって私は都議会と案件によって緊張関係があったり協調したり。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク