高木啓都議「高級会員制クラブ」で政治資金支出!ふざけるな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高木啓都議をご存知だろうか??

高木啓都議は自民党都議会の政財政委員長、経済港湾委員会副委員長、総務委員会副委員長、議会運営委員会理事や政調会長、副幹事長を務めるなど都議会で実力がある人物だ。

ひどい自民党の都議会と言われる中で、影のキーマン的存在が高木啓都議。

高木啓都議はは猪瀬元都知事の政治とかねの問題を厳しく追求して、都議会のドンこと内田茂から高い評価を受けていた。

当時の都議会で高木啓都議が追求していた内容は以下にある。

「選挙資金を出してほしいと言いに行ったんではないですか」
「徳洲会で落選してもこの金を使えと言って、あなたが安心して都知事選に出馬できるように5000万円をくれたんじゃないか。徳洲会にとって、あなたが都知事になってほしい理由が何かあったんじゃないですか」
「ふざけるなと。テレビの前で都民国民はみんなそう言ってますよ」
「5000万円を親切な人が貸してくれたどこの誰がそれを信じるんですか」

そんな高木啓都議にかんする政治と金の問題の疑惑を週刊文春が報道している。

それが、銀座にある高級クラブのお金を政治資金で出していた問題だ。

週刊文春は以下のように報道している。

自民党の高木啓都議(51)が、政治資金を銀座のクラブに支出していたことが、週刊文春の取材でわかった。
高木氏が代表を務める自民党東京都北区第八支部は、2013年8月19日、新宿歌舞伎町のライブバー「A」に20万円を支出。同年には、銀座のクラブ「R」に12万4000円(10月25日)、7万円(11月19日)を支出していた。いずれも名目は「政策懇談会」となっていた。

引用:週刊文春web

高木啓都議は、

政策の活動の続きでそういうところに行って、お話をすることはよくあることなので。
引用:週刊文春web

高木啓都議以外にも政務活動費を巡る疑惑の領収書や、都議親族への家賃1600万還流問題なども取り上げる予定なんだとか。

政策懇談会がなぜ「高級会員制クラブ」で行われるのか。

僕には理解ができない。

高木啓都議には猪瀬元都知事を追求した言葉の通りに追求してあげよう。

「ふざけるなと。テレビの前で都民国民はみんなそう言ってますよ」
「政策の活動の続きでそういうところに行ってお話をすることはよくあることって、どこの誰がそれを信じるんですか」

ってね。

こんなことしていたら高木啓都議に国民が怒るのは当選だろう。

その他にも高木啓都議の問題について週刊文春が報道する予定らしい。

高木啓都議に関わらず、都議会議員はこういった問題は無神経だから、国会議員と比較にならないほど出てくるだろう。

小池百合子都知事が都議会のブラックボックスを暴く前に、都議会が空中分解するかもしれない。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク