咬み合わない「安保法案」の議論

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍政権が通そうとしている安保法案。

この安保法案の議論に、

「戦争法案」

とか

「戦争法案なんて嘘つくな」

などの議論が巻き起こっています。

どちらの意見もレッテル貼りで、一般庶民からするとわかりにくい議論になっています。

戦争法案という嘘

今回の安保法案で大きな論議になっているのが、集団的自衛権の行使について。

この集団的自衛権で戦争する国になると言っていますが、それは嘘ですね。

集団的自衛権権は、同盟国が攻撃された時に日本の自衛隊が反撃できるかどうかを指しています。

戦争法案とレッテル貼りしている人は、自衛の戦争と言った戦略戦争をアメリカなどが仕掛けた場合、戦争に巻き込まれるのではないかという疑念を持っていますが、これは普通に考えて、拡大解釈でしょう。

戦争する国にはならないという嘘

安保法案を賛成する人の論理としては、戦争する国にならないと言っていますが、これは嘘です。

日本では、度々憲法違反がなされてきました。

自衛隊の創設が最たるものですね。

自衛隊は今の日本には必要だと思いますが、戦力不保持をうたっている日本国憲法に違反しています。

集団的自衛権を容認すると、憲法の拡大解釈をしやすくなります。

集団的自衛権があるんだから、自衛の戦いの集団的自衛権で戦争をするという論理が通らないわけでもありません、

これによって、もし戦争したい政権が誕生した場合は、こういった論理で戦争をし始める可能性は否定はできません。

なので、この安保法案によって戦争できる国にならないとは言い切れません。

そもそもなぜ安保法案を通したいのか

これはあくまで推論ですが、アメリカに求められたからでしょう。

アメリカ軍の予算は削減される方向でほぼ決まっています。

ってなると、今までアメリカが担っていた部分を日本に任せたいといった思いがあります。

また、強大な権力を持っている軍産複合体が軍事費削減には納得しないので、日本に負担させようとしています。

そういった一連の流れの中に今の安保法案があります。

アメリカが戦争のやめられない1つの理由に戦争ビジネスがあげれれますが、これを日本に代替させようとしている。

これが安保法案を動かしている背景でしょう。

安倍晋三が安保法案を強行にすすめる理由

憲法の議論より大事なもの

この安保法案は憲法論議だけに終始していますが、大事なことを忘れています。

それは、日本としてどう防衛をするか考えることが必要です。

ことあるごとに、アメリカが守ってくれるという人がいますが、既にそんな単純な時代ではなくなりました。

中国が台頭してきて、米軍のほうが戦力が上にしろ米軍には大きな被害が出ます。

また、アメリカには中国マネーが入っていて、アメリカと中国が対立関係ではなくなってきています。

日本を見捨てる時代が来るかもしれません。

そういったリスクを考えないで、このままアメリカが守ってくれると言っておいていいのでしょうか??

戦前、日本に仲間がいなくなったように、気づいたら周り敵だらけだったという可能性があります。

少なくとも、世界のパワーバランスが崩れてる今、世界情勢は不安定さが増します。

今の自衛隊は、アメリカ軍の装備を大量に買い込んでいるので、自衛隊員が訓練出来ないほどの装備が不足しています。

国を守る自衛隊員に対してこんなに冷たい待遇でいいのでしょうか??

アメリカの装備を買っているので、日本単独では機能しないような自衛隊になっています。

本当にこのままでいいのでしょうか??

日本としてどうやってこの国を守っていくか。

そういった議論をしなければならないでしょう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク