サントス大統領がノーベル平和賞を受賞!現職に与えていいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サントス大統領をご存知ですか??

サントス大統領といえば、コロンビアの大統領。

このサントス大統領が凄いことを成し遂げました。

それが、ノーベル平和賞受賞。

そう。

サントス大統領がノーベル平和賞を受賞したのです。

サントス大統領がノーベル平和賞を受賞したのが、10月7日。

10月7日にノルウェーのノーベル委員会が「50年以上に及ぶコロンビア内戦終結に向けた断固とした努力」が評価されてサントス大統領がノーベル平和賞を受賞することなった。

このサントス大統領に贈られたノーベル平和賞について、またもや議論を呼ぶことになるだろう。

そして、僕はノーベル平和賞を現職の大統領に与えるのはどうかなと思う。

2009年にオバマ大統領は、ノーベル平和賞を受賞したわけだが、その理由として

「オバマ氏は、大統領として国際政治の中で新たな機運を作り出した。国連やその他の国際機関が果たすことのできる役割を主張したことで、多国間外交は、中心的な位置を取り戻した。最も困難な国際紛争を解決する手段として、対話と交渉が優先されるようになった。核なき世界の理念は、軍縮や軍備管理交渉に力強い刺激を与えた。オバマ氏の主導のおかげで、世界が直面する気候変動の挑戦に立ち向かう上で、米国はこれまでより建設的な役割を果たしている。民主主義と人権も強化されるだろう。」

引用:オバマ大統領 ノーベル平和賞授賞理由の全文。asahi.com

とある。

「軍縮や軍備管理交渉に力強い刺激を与えた。」とあるが、軍縮すれば平和は実現されるのだろうか??

「民主主義と人権も強化されるだろう。」とあるが、民主主義はそんなに万能なものだろなのうか??

そもそも、軍縮においてアメリカ国内の政治的理由があって、軍縮したわけであってそれをノーベル平和賞を与えるのはいいことなのだろうか??

「平和」という概念はかなり難しくて、立場によって異なるものだ。

ちなみにオバマ大統領のノーベル平和賞授与は今頃になって後悔しているらしい。

「2009年のバラク・オバマの受賞の時ほどノーベル平和賞が注目されたことはなかった。今やオバマ支持派でさえ受賞は間違いだったと考えている。委員会の期待は外れた」

引用:ノーベル委員:オバマ氏への平和賞授与は「間違いだった」sputniknews

このノーベル平和賞について政治的に使われているとヤフーニュースに乗るほどだ。

その舞台裏が克明に記されている。

今年は日本の憲法9条や被ばく団体関係者も、平和賞候補にノミネートされている。さて、ノミネートされて、最終的に選ばれたい時はどうすればいいのか?その舞台裏も書かれていた。推薦者たちは、委員会のメンバーに気に入られようと、オスロを頻繁に訪ねてくる。こっそりと贈呈品を渡そうとする者もいる。活動をアピールするために、ノルウェーにきて、現地メディアに記事として取り上げてもらおうとする者もいる。委員会の事務所ロビーでは、そのような「ロビー・ビジネス」があるそうだ。ルンデスタッド氏は、贈り物などでメンバーの心は動かないが、現地で報道されたりすることが、まったく影響していないとは名言していない。

引用:ノーベル平和賞の暴露本の内容がすごい 平和賞はやはり政治的だった。

コロンビアのサントス大統領については詳しく知らない。

日本でのサントス大統領の情報はバイアスがかかっているからだ。

(トランプ=クレイジーみたいに)

まあ、サントス大統領を報道する側も、サントス大統領について全然知らないだろう。

サントス大統領について詳しく知らないが、政治的意図がある可能性があるノーベル平和賞を現職の大統領サントス大統領に与えることは違和感を抱かざるおえない。

まあ、おそらくサントス大統領は凄いことを成し遂げたのだろうが、僕はサントス大統領など現職の大統領にノーベル平和賞を与えることに対して反対だ。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク