大地震を予知できないことを予知した学者を使わないマスコミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月に大きな被害を出した宮崎地震。

宮崎では大地震が起こると言っていた地震学者がほとんどいませんでした。

地震予知が出来なかったんですね。

地震予知が出来ないと言っていた学者がいます。

その方が、東大教授のロバート・ゲラーさんです。

ロバート・ゲラーさんは、関西の人気番組そこまで言って委員会でずばり地震予知が出来ないことを言い当てていました。

ロバート・ゲラーさんを使わないマスコミ

関東の情報番組は、地震予知をしたロバート・ゲラーさんをほとんと使いません。

特に、NHKでは絶対に使われないようです。

地震予知が出来ないことをこれだけ言い当てたので、本当だったらマスコミから引っ張りだこになるはずですが、そうなっていません。

関西の番組ではロバート・ゲラーさんが登場したので、関西のほうが関東より言論の自由があるということでしょうか。

地震予知による利権

地震予知は不可能と言われていますが、ではなぜ地震予知は続いているのでしょうか??

その理由は、利権にあります。

地震の確率が高いと言われた地域は、地震対策という名の公共事業が行われます。

当然、地震対策は重要になりますが、それ以上の予算がおりる公共事業が行われるわけです。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク