戦後日本が失った大切ななもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は戦後経済発展を遂げて豊かになりました。

豊かになったけど、今の日本ってどうかな??

閉塞感に包まれ、希望がない。

こんな社会に誰がしたのかな??

日本人はあるべき姿に戻るべきだと思います。

豊かになった日本

日本って豊かになったよね。

大概のほしいものを手に入れられる。

それは経済発展があったからこそ。

でも、バブルを作った。

バブル崩壊以降、特に2000年代以降はITバブルなどもありましたが、日本全体は閉塞感に包まれる。

高度経済成長までは夢があった。

夢を追い求めて働いて、活気もあった。

でも、今はどうでしょうか??

なんのために働くかわからない。

今あるもので十分だから欲しいものはない。

働くことに意味を見出せないで辛い思いをする人がたくさんいる。

マネーゲームに振り回される人々

資本主義社会で、株主が強い社会。

一部のお金持ちはマネーゲームにどっぷり浸かる。

このマネーゲームにより、バブルを作り、そして崩壊。

これが繰り返されました。

実態ではないお金が経済を動かす。

労働者は職を失う。

こんなことを繰り返してきた。

労働者階級は、一部のお金持ちに思惑に振り回されてきた。

こんなのたまったもんじゃありません。

手に入れたのはいいが失った大切なもの

たしかに、経済成長によって受けた恩恵は大きなものがある。

だけど、今となっては不要なもの。

なぜなら、大概のものを手に入れたから。

今の社会はなんのためかわからず、とにかく働き、心の余裕を失ってる。

電車で騒いでいる子がいるときの冷たい目。

頑張れなくなって人に対しての冷たい対応。

こんな社会を良い社会だと言えるのでしょうか??

昔は、皆で助けあって暮らしてきました。

なんで、助け合いができるのか??

それは、心に余裕があるからだと思う。

心に余裕があるから、周りに気を配れるし、助け合える。

切羽詰まった人は、気を配れない。

だから、他人に冷たくなる。

行き過ぎた資本主義にノーをかけるアメリカ

資本主義で最も成功しているように見えるアメリカ。

でも、実態は違う。

行き過ぎた競争による格差拡大。

一部の大企業に優遇される法律改正。

これによって、さらに格差が拡大する。

普通の病気でも病院に行けない。

薬や診療、治療の値段が高すぎるから。

人々は怒って利権のないトランプを支持している。

行き過ぎた資本主義にノーを突きつけている。

この行き過ぎた資本主義はいずれ日本を飲み込み、労働者階級はさらに苦しい状況に置かれる。

職人気質日本人にあった仕事を

日本がここまで発展してこれたのはなぜか??

有色人種の中で唯一発展してこれたのが日本だ。

それは、職人気質だから。

とにかく、最後の最後まで追求できる、我慢強さ信念がある。

そりゃあ、ビジネスのスキルでは負けるかもしれない。

たしかに、製造業で勝っていくのは難しい。

でも、自分の好きなことを追い続けていけば、素晴らしい作品を作れる。

それが日本人のよさ。

それに再び日本人が気づけば、新たな産業になる。

これが本当のクールジャパン。

西洋を真似するのではなく、理想を追い求め続ける。

当然、リスクもある。

だから、理想を追い求める、日本人を体現している人は周りがサポートしてあげればいい。

ベーシックインカムって考え方もある。

ベーシックインカムが導入される背景

助け合いの文化。

嫌な仕事をし続けるのではなく、理想を追い求める。

理想を追い求めるの人は国の宝だと思う。

それが高い付加価値となり、心が豊かになる。

これが日本人が目指す理想国家だと思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク