「保育園落ちた日本死ね」騒動にみる情報発信の大切さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園落ちた日本死ねは、SNSでシェアをされたおかけで、地上波や新聞などの大手メディアも大きく取り上げ、国会答弁に取り上げられるほどになりました。

これまで高齢者優遇の政策はたくさん取られてきましたが、子育てをしている親の声がなかなか政界に届かないのが現実でした。

特に、自民党政権かでは国民を無視するかのごとく数に任せたパワーゲームが進行しています。

保育園落ちた日本死ねの全文は以下のとおりです。

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねーのかよ。
昨日見事に保育園落ちたわ。
どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。
子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?
何が少子化だよクソ。
子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。
不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。
オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。
有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。
どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。
ふざけんな日本。
保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。
保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。
国が子供産ませないでどうすんだよ。
金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。
不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。
まじいい加減にしろ日本。

子育てがしにくい環境で出生率をあげようとする矛盾

子育て

日本って子育てのしにくい国。

保育園に入れないのはもちろん、育休、産休が取りにくい。

取れたとしても、降格や退職とセットであることも多々ある。

さらに未来では、年金がもらえない、少子高齢化だ、日本はダメだなど暗い将来が予見されている。

こんな社会で出生率が上がるとでもいうのだろうか。

小手先の対策により少しの改善は見られるだろうが、抜本的な改善は見られないであろう。

高齢者、富裕層優遇の政治

日本は少子高齢化社会なので、そもそもの票が若者より高齢者のほうが多い。

しかも、高齢者の投票率がかなり高い。

これでは、高齢者優遇の政治になっていく。

自民党が選挙前に3万円の給付金を65歳以上の1500万人に配るとのニュースが流れているが、こんな政治を許していいのだろうか??

自民党批判になっちゃうので、付け足しておくが、政界全体が高齢者優遇の政策をとっている。

また、第二次安倍内閣は日本では異例の長期政権になっているが、これは既得権益をうまく取り込んだ結果ともとれる。

国民にも大きな問題がある

といっても、政治は国民の責任と言っても過言ではない。

日本は民主主義国家であり、国民の投票によって議員が選ばれるわけだ。

ようするに、国民が間違った投票をすれば国は間違った方向に進む。

消費増税やTPPは、日本にとって害悪しかない政策であるのに、国民を無視して議論が進んでいく。
(※消費増税やTPPは後ほどの記事でご紹介します。)

国民が政治を正しく知れば、政治を正しくしていない政治家は落とされる。

国民が政治を知らなければ、変な政治家が当選され、その状況が変わらない。

前の民主党政権では、国民の多くが騙されたと言って人のせいにしていたが、国民も同じく反省をしなければならない。

北朝鮮などの独裁政権なのであれば、政治の責任は一部のお偉いさんのせいにはなるが、投票で選んでいる日本は少なからず国民にも責任があることを考えておかないといけない。

投票によって意思を示せ

投票によって意思を示すことが大事だ。

選ぶ政治家がいないのであれば、白票でもいいです。

選挙には毎回投票率が出ます。

この投票は世代ごとに出るのですが、この投票率が高い世代はこの票を取り込みたいと政治家が考えるので、その世代に優遇した政策を掲げる政治家が増えてくる。

投票に行かない世代は自然と政治の恩恵が届かなくなります。

情報発信することの大切さ

山尾

photo by dpj.or.jp/

といっても、今回の保育園落ちた死ねはブロク上で書かれた数多くある情報の1つにしか過ぎない。

だが、twitterやfacebookの拡散により、大手メディアが大きく取り上げて、国会の答弁でも山尾志桜里議員がこの問題について大きく取り上げた。

そして、山尾志桜里議員は新しくできた民進党の政調会長に就任しました。

人気取りの政策でしょうが、1つの情報発信が政治家を動かすまでになっているのです。

後ほどの記事でもご紹介しますが、日本政治は既得権益のために政治が動いている黒い世界です。

国民のために政治を行ってもらうためには、国民一人ひとりが情報発信によって政治のだめなところを暴いていくのが必要です。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク