民進党が参院選の選挙ポスターを発表!「ひどい」まず、2/3をとらせないこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民進党が参院選の選挙ポスターを発表しました。

民進党

民進党の参院選選挙ポスターには3種類。

①まず、3分の2をとらせないこと
②人から始まる経済再生
③国民と進む。

まず、3分の2をとらせないこと

民進党の参院選ポスター1つ目が、まず、3分の2をとらせないこと。

これおかしいよね。

どう考えても、共産党が言うセリフだよね。

うん、共産党を応援しているとしか思えない。

国民に眼中にない3分の2を参院選で打ち出してどうするのかな??

そもそも、人気がない岡田克也を全面に出しちゃダメでしょ。

人から始まる経済再生

民進党の参院選ポスター2つ目が、人から始まる経済再生。

こんなに抽象的な言葉じゃ国民には響かない。

安倍政権は、経済で支持されているわけだから、少なくとも経済ではちゃんとした対案を出さなければいけないわけで。

国民に期待をさせるようなキャッチーな言葉を使わないといけないけど、人から始まる経済再生では全然だめ。

国民と進む

民進党の参院選ポスター3つ目が、国民と進む。

この言葉を聞いていらってした人も多いんじゃないかな??

「お前らあの失敗を棚に上げて」

と思われている。

今の民進党には謙虚になることが最も重要。

民進党(民主党)は、10年は立ち上がれないような負け方をしているんだから、敗者の論理で戦わないといけない。

まずは、謙虚になること。

そうすると、国民はまた民進党を信頼するようになる。

この、参院選は10年後を見据えて捨てる覚悟で臨まないといけない。

それなのに、選挙ポスターには、国民と進むってい上から目線で言うからイラってされちゃう。

このままだと思った以上に民進党の票は取れないだろうね。

キャッチコピーを公募すればよかった

民進党に限らず、今の政治家に足りないのはキャッチコピー。

小泉さんの「自民党をぶっ壊す」

オバマの「Yes We Can」

これを、公募すればまだ民進党もよくなったと思うよ。

国民に届くようなキャッチコピーだからね。

まあ、自己分析が出来ていない民進党だからどちらにしろダメなんだけどね。

まとめ

とりあえず民進党の参院選ポスターを見てがっかりした。

あまりにも傲慢だからね。

いつになったら自己反省をして、まともな政党になってくれるのかな??

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク