舛添都知事批判はもうやめにしないか??もっと「大事」なことがある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舛添都知事の情報はどうでもいい

色々とお金で騒がしている舛添都知事。

メディアは長々と舛添都知事の批判をしているが、そんなに意味のあることだろうか??

舛添都知事のモラルのなさ、お金の汚さは十分わかった。

だから、もう舛添都知事の批判はもうやめにしないか??

もっと大事なニュースがある。

パナマ文書

日本でほとんど報道されないパナマ文書。

いや、報道されているのが外国ばかり。

日本はタックスヘイブンへ流している金額が世界2位。

ここまで、報道されないのは自主規制しているとしか思えないのだが・・・

本当に情報がないとしても、政府がタックスヘイブンについて調査しないのは批判するべきだろう。

電通のタブーに切り込め

オリンピックの賄賂疑惑。

電通が関わっていると言われているが、なぜメディアは意図的に消したのだろうか??

【報道のタブー】オリンピックの賄賂疑惑で「電通」が意図的に抜かれる

まあ、影響力を持っているから批判ができないのだろうけど、本当にこんなんでいいの??

思っきり倫理から反しているんだが。

オリンピックの招致だからね。

舛添さんの政治資金の問題より比べ物にならないほどでかい。

むしろ、メディアの自浄作用を働かせるいい機会なのではないかと思う。

こういった闇を暴きだす良心派はもうメディアからいなくなっちゃったのかな??

このままじゃTVを誰も見なくなる

もう、最近TVは魅力がないよね。

いわゆる自主規制ってやつで。

正論行っているジャーナリストは、メディアに出なくなる。

そして、ネットの動画で面白い解説をしている。

バライティだって自主規制で、どんどん丸くなっている。

クレームを受けないようにね。

権力や国民からのクレームを恐れて、自主規制をしているようだと面白いのは作れないよね。

ちゃんと報道するようにしないとね。

「舛添都知事」の報道にみる日本メディアのいびつさ

舛添都知事の今回一連の報道。 かなりのメディアのいびさを感じました。 日本のメディアの悪いところ。 叩きやすいところを徹底的に叩く。 もしくは、落ち目な人を徹底的に叩く。 今回の舛添都知事をはじめとして、民主党政権、第一次安倍政権、朝青龍、小沢一郎、ベッキー・・・ この叩きは、集団リンチに等しいと思う。 たしかに、舛添都知事がやったことは世の中から批判を受けるようなことだと思います。 …

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク