国全体が大企業病の日本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ技術力があると信じ込んでいる

日本って技術力があるとみんな信じてるよね。

よくある議論が技術流出をどう防ぐか。

まあ、確かに日本の技術力って凄いよね。

ロケットとか。

はやぶさのニュースとか。

確かに、ハイテク産業は凄いと思う。

でも、大量生産している分野はどうかな??

そもそも、大量生産しているってことは、日本人の多くの人がそれを作っているわけだ。

もうすでに、日本ではシステム化がされている。

それって、日本人ができて外国人が出来ないことなのかな??

確かに、文化とかの違いがあるから最初はうまくいかないだろうね。

でも、これって時間をたてば出来たりするんだよね。

だって、外国にいる人だって必死で仕事をしているわけだからさ。

だから遅かれ早かれ、大量生産している技術って外国に移るわけだ。

すると、今まで日本の花型だった家電とかも衰退していく。

気づいたら、今まであった技術力も抜かれてたりする。

一部の技術力を全てだと思い込んでいる議論

そもそも、技術力っていうけど、自動車だけで何万っていう部品からできている。

色んな産業がある中で、日本がトップクラスの技術を持っているものもたくさんある。

でも、そうじゃないものってたくさんあるんだよね。

一部分を見て日本全部が技術力を持っているって幻想を持っていたりするよね。

まだ輸出大国を目指している

基本的に、まだ輸出大国を目指しているよね。

でも、それって発展途上国の経済発展システムなんだよね。

だって、日本人ってお金持ちだから発展途上国とまともに戦っても、まず勝てないんだよね。

古いデータになるけど、日本の初任給は平均20万円で中国が5万円。

ミャンマーにいたっては8000円。

単純計算で日本人はミャンマー人の20倍以上の効率を達成しないと勝てないわけだ。

だから、当然外国に行くよね。

今、TPPとか金融緩和で円安誘導に持って行こうとしているけど、せいぜい数%から数十%だよね。

外国にいけば、数倍から数十倍の差になるわけだから、多少大変でも人件費が安いとことにいってシステム化を頑張ったほうが、いいと企業は考える。

そして、中国の人件費が上がれば、東南アジアに、

東南アジアの人件費が上がれば、南米やアフリカにいく。

こんな流れが世界中にあるんだよね。

過去の成功体験に引きずられている

確かに、日本は製造業が日本の成長を牽引した。

たくさん輸出をしてたくさんお金を稼いだ。

でも、これって過去の話。

基本的に大企業は過去の経験を捨てられない。

成功経験は可愛いからだ。

そして、既存のビジネスの邪魔になったりする。

それだけではなく、成功してきた人たちがその要職に就くようになるので、余計に過去の成功体験に引きずられている。

今の日本は、まさにこの大企業に当てはまる。

農業で輸出大国目指す幻想

農業の輸出の話でよくさくらんぼが取り上げられる。

輸出が上手く行ってると。

でも、これってブランド物でありかつマーケティングが上手く行ったから売れているわけなんだよね。

農作物のごく一部のはなし。

それに、輸出って農業というよりかはビジネスでしょ。

農業で食べている人は、基本的に高齢者で農協に頼りきり。

これで、輸出しろっていわれも無理があるよね。

だってやり方知らないわけだし。

かなり酷だよね。

日本の製造業は衰退期に突入

残念ながら、日本の製造業は衰退期に突入している。

ほんの数社の大企業はそのままの地位を維持しているかもしれないが、基本的には日本の製造業は衰退していく。

製品のライフサイクル

photo by kairosmarketing.net

製品にはライフサイクルがあって、当然国や業界にもある。

日本や製造業は、基本的に衰退期に入る。

衰退期に入ると基本的には、元に戻れないので、新たな戦略が必要になります。

新産業への投資を

基本的に、輸出主導の成長は無理なので、新たな成長の牽引役が必要になる。

日本全体を牽引していけば、なんでもいいのだが、個人的にはITを伸ばしていくべきたと思う。

なぜなら、IT技術はもの凄い稼げるからだ。

ITって製造業みたいにたくさんの人が必要なく稼げる。

例えば、人工知能だと我々人類が嫌な仕事は全部人工知能に任せてしまえばいい。

ITや人工知能で稼いだお金を、国民に再配分すればいいのだ。

それに、人類最後の発明が人工知能。

世界中が人工知能の開発に力を入れている。

この開発で成功すれば、強力な日本の牽引役になる。

大企業主導型の考え方はやめて、新しい産業を創出しないと日本が危うくなると思う。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク