小西洋之と橋下徹、北村晴男弁護士の戦いまとめ。橋下×羽鳥の番組

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民進党国会議員の小西洋之。

けっこうなめちゃくちゃ発言しているので、小西洋之の発言をまとめてみました。

橋下×羽鳥の番組の番組に出演した小西洋之。

北村晴男弁護士や橋下徹と激しいバトルをしています。

その内容は憲法13条について。

小西洋之:法的に一番重要なのは憲法13条ですよ。

橋下徹:憲法13条っていうのも、そりゃあ色々な考え方があるわけですよ。

小西洋之:憲法13条が法的に一番大事だっていうのは、

橋下徹:でも憲法9条が一番大事だっていう人もいるわけですよね。

小西洋之:法的に一番重要なのは、憲法13条。弁護士ですよね??

橋下徹:それは1つの説です。

小西洋之:橋下さんは弁護士として法的に憲法13条が日本国憲法の中核の価値をうたった条文だと認めないんですか??

橋下徹:人権規定ではそうだけど、国家の運営については安全保障っていうのがっていうのがもう一つ必要なんです。

小西洋之:安全保障がもうひとつ必要っていうのは、個人の尊厳を守るためにあるんですよ。

北村晴男弁護士:様々な考えがありますよ。そんなの。

橋下徹:それは一見解じゃないですか。

小西洋之:何いってんですか。弁護士でしょあなた。

北村晴男弁護士:なにを言ってるんだあなた。それぞれの見解を認めないと話にならない。

小西洋之:だから安倍総理が1ヶ月前に国会で答弁して、全然わからない、知らないってこと1ヶ月後に知ってますかって聞いたら、やっぱり知らなかったんですよ。

北村晴男弁護士:そうであると決めつけるのはおかしいですよ。小西さん。

橋下徹:だから、そんなクイズみたいな質問やったて意味ないじゃないですか。

小西洋之:歴史的な質問です。

橋下徹:憲法の安全保障法制についても浜田さんっていう人が出てきて違憲だっていいますけど、それ一私人ですからね。

北村晴男弁護士:全く一見解ですよそれは。

小西洋之:一つだけ補足させてください。浜田先生は中央公聴会の陳述でこうおっしゃったんですね「法律的的な専門家の検証に耐えられない」って言ったんですよ。

橋下徹:民進党の小西さんの見解でね、一番すごい疑問に思うのが、違憲だ違憲だっていわれますよね。最高裁判所が最終的な憲法審査をするわけでしょ。

小西洋之:それは日本国憲法の全体の理解を橋下さんが間違っていますよ。

橋下徹:まずまってください。

小西洋之:議院内閣制の国なんですから。

橋下徹:だから憲法はまず最高裁判所の判断するということになって、これも小西さんもご存知だと思うけども、高度な政治判断になればね、統治行為論っていうことで内閣や国会の判断に委ねるってことになってるでしょ。

小西洋之:橋下さんの主張は二つの意味で間違っていて、1つは日本の最高裁裁判所は付随的裁判っていて、事件が起きないと国民が裁判を起こせないんですよ。

橋下徹:しょうがないじゃないですか。そういう今憲法になってますから。

小西洋之:それだと憲法違反の戦争で国民の皆さんが死んで、損害賠償の裁判を起こすまで救えないことになりますから、憲法違反の戦争で国民の皆さんが死ぬことを阻止する。

北村晴男弁護士:憲法違反って言ってもあなたがそう思っているだけですから。

小西洋之:それが議院内閣制の国会の役割なんですよ。その国会が言論の府でなくなっていることが問題というので、ふたつ目の間違えは、統治行為論は砂川判決で書いてます。一見明白に違憲でない限り、安倍内閣の解釈会見は昭和47年の政府見解今手元にありますけども、今から44年前に作られたこの政府見解に集団的自衛権が合憲と書いてある。これがただひとつの彼らの合憲の根拠。

橋下徹:ちょっと意味がわからない。

北村晴男弁護士:全然違いますよ。

橋下徹:一見明白にって誰が判断するんですか??

小西洋之:それは法律の専門家の常識ですよ。

橋下徹:違う

笑最高裁裁判所が一見明白だと判断したら違憲だと判断できるのが統治行為論ですよ。全然憲法のことがわかってない。

北村晴男弁護士:その通り。

橋下徹:安倍政権の安保法制どこが憲法違反なのか言ってください。

小西洋之:だから、安倍政権は60年間以上違憲だといった、集団的自衛権を合憲だと。

橋下徹:ちょっと待って。内閣は憲法解釈を変えられないの??

小西洋之:ちょっと聞いてください。

北村晴男弁護士:その考え方が間違ってるわ。

小西洋之:昭和47年の政府見解に合憲って書いてあるっていうんです。ただ、これ作ってあってはんこも押してある。

続きは動画を御覧ください!

話のなかで出てきた、安倍政権と小西洋之の国会質問は以下にあります。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. takokuro より:

    小西さんの言動があって、今、勢いづいた流れを別の視点から眺めることができますね、少なくとも。
    橋下氏は、知事時期は確かに弁護士橋本達でしたが(ちょうど、彼のご家族の校区の中学校に仕事で地域の状況を直に見聞きできる立場におりましたので、橋下氏がどんなペルソナでお子たち7人と奥様と9人で地元の人たちに見守られながら、庶民生活の中で活動されてることと、結構、地元の教育と言っても、最も現実に直面した場所で手足となってる人たちの希望を担ってらっしゃることを知り、又、一方で、権力、利権層でもあるとってもセレブ思考の人たちが彼らの周囲をブロックしようと結構、実力行使をしてるのか、薬物テロ組織と連携して、橋下さんらの地域をブロックし、それが、当時からいうと、10年前に生活指導の名の下に女性教師が赴任とともにブロック人脈らが住み着き、この校区は医師と弁護士の人口密度の最も高い校区ですが、ないようnが一変したと訴える人たちもいました。どうも、、橋下知事の支援者らは、下町側の小学校校区と、割り切るとすると、万博時にできたマンション地域には、攻撃的で美しいセレブな生活をするPTA役員での発言として目立ってらっしゃる華やかな方たち、、、彼らと薬物人脈と繋がってる暴走族が、万博時の大地主家庭の家族攻略の手を伸ばしていること、、当時から10年前に赴任してきたゴルフが専攻という生活指導の教師は、彼らを恐れ、赴任10年目だった彼女は、下町地域の母子家庭でギリギリで頑張ってる家庭の娘たちを、結果的にこの暴走族ら薬物人脈に手渡す協力をしていた、という実態に当時の私は驚きました。。
    何が言いたいかというと、、急に知事を辞任し、市長選に入った橋下氏の家庭、支援者らに大きな変化があり、選挙中の天王寺区民センターでの選挙講演では、橋下氏は生気なく、握手した手のひらも冷たく、瞳孔も相当な高齢者のように瞳孔が針のように小さくなって、虚ろな目をして、決まり切ったセリフだったので、私は、心が消されてる?という印象を持った。。その後の橋下さんをテレビで見ると、指は華奢で、花園ラグビーなどで見る橋下さんとは別人格に思えます。
    彼は音楽への支援もされてらしたのは、たぶん?奥様のつながりだと思うのですが。
    知事になられてからは、以前のお住まいはネオンで飾られ、何かが起こったことを想像しますし、義妹は、千中に出来た億ションの高級マンションに転居したと聞きましたが、でも、橋下さんの庶民的生活でかなりのローン負債者にならないと無理な話しに思いますし、又、昔の仕事の知人は、奥さまと上のお子さんとだけが千中マンションに引っ越されたということで、ご家族内に異変があったのではないかと。。
    また、市長後は、当時、天王寺区に出来たおくしょんの最上階に橋下さんが転居してこられたという見せかけの区民が何人かが歩いてる時に声をかけて来られたり、、
    テレビで役所の長になると、席仲人職に給料では賄えない発言とは、同じ橋下さんとは思えないなあ。。という忸怩たる思い。
    また、週刊新潮に載っていた、橋下さんそっくりのヤクザな弟の出現と母子家庭という橋下さんの生い立ちスクープ。。
    これらを統合して、市長になられて以降の橋下さんって、ずんずん、別人格化が進んでいってるようで、、どうも、、元々の知事時期の弁護士橋下氏のペルソナは、失せてしまってる、、という気がしています。