松本純、長島一由、篠原豪は当選?落選?得票数は?神奈川1区

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年衆議院選挙。

総理大臣を決める選挙が今年もやってきました。

神奈川1区から松本純、長島一由、篠原豪の3人が出馬します。

この3人の中で誰が当選、落選するのでしょうか?

得票数はどうなるのでしょうか。

松本純、長島一由、篠原豪の3人についてご紹介します。

松本純

神奈川1区自民党から立候補する松本純。

松本純はどのような人物なのでしょうか。

松本純は1950年生まれの67歳です。

神奈川県横浜市生まれで横浜市立本町小学校、聖光学院中学校、聖光学院高校、東京薬科大学薬学部を卒業しました。

大学卒業後は薬剤師の資格を習得したのもあって、エスエス製薬に入社します。

その後、1990年に横浜市議会に立候補して初当選。1996年に衆議院選挙に出馬して当選。松本純は晴れて国会議員となります。

国会議員になった後松本純は内閣官房副長官、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、防災大臣などを歴任。

様々経験を持っているのが松本純です。

松本純の政策は?

気になる松本純の政策はどのようなものなのでしょうか。

松本純は自身が防災大臣を務めた経験から、防災、減災で安心する街づくりを進めていく方針です。

防災はお金がかかるイメージがありますが、それだけではなく災害を想定して大きな設計図を作っておくことで、被害を減らす努力をしています。

他には地元横浜は海の玄関口でもあるので、大型旅客ターミナルの建設、新コンベンションセンター、新交通システムなど横浜が活性化していくような政策を訴えています。

また、安倍政権下で行われたアベノミクスについて有効求人倍率の上昇や、就職率の上昇、企業倒産件数の低下など経済政策の成果を強調しています。

松本純

参照:松本純ホームページ

安保法制、憲法改正に賛成の立場を取っています。

長島一由

神奈川1区希望の党から出馬する長島一由。

長島一由は1967年生まれの50歳です。

神奈川県川崎市で生まれ、早稲田大学教育学部を卒業しました。

卒業後はフジテレビに入社し、キャスターやディレクターを務めます。フジテレビ退社後には東京大学大学院法学政治学研究科で政治について学びます。

1998年全国最年少で逗子市長となり、全国透明度ランキング1位、全国効率化・活性化度ランキング1位にするなど、実績をあげてきました。

他にも、映画The Callingの監督も務めたりと多種多様なことで実績をあげてきたのが、長島一由です。

長島一由の政策は?

長島一由の政策はどのようなものなのでしょうか。

長島一由は逗子市で行ってきた行政改革、しがらみのない政治を最重要視しています。

そんなに大きな市ではありますが、市長として全国透明度ランキング1位にしたのは、他の希望の党の候補者と比べても一歩も二歩も抜け出した存在でしょう。

憲法改正については9条については明確になっていませんが、長島一由の持論は憲法93条の改正。

地方政治において、議会と首長が対立が大きくなる二元代表制では不毛な対立が大きくなってしまう。

地方によって多種多様な自治が認められるために、長島一由は努力を続けていくようです。

第93条 地方公共団体には、法律の定めるところにより、その議事機関として議会を設置する。
2 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。

他にも、知る権利の明記を目標に掲げています。

篠原豪

神奈川1区立憲民主党から立候補する篠原豪はどのような人物なのでしょうか。

篠原豪は1975年生まれの42歳です。

神奈川県横浜市磯子区生まれで横浜市立杉田小学校、逗子開成中学校、高校、早稲田大学文学部、早稲田大学大学院政治学研究科を卒業しました。

大学院卒業は雑誌副編集長や広告プランナーなど様々な仕事を経験してきました。

2011年に横浜市議会選挙で維新の党から立候補、初当選し、政治デビューをします。

2014年に神奈川1区から出馬し、松本純に敗れるものの比例で復活当選を果たしました。

国会議員の活動で篠原豪は衆議院議員立法ランキングで1位を獲得。

法案提出は国会議員にとってかなり重要な仕事で、法案を全然出さない党や議員がいる中でかなり貴重な議員だといえるでしょう。

 篠原豪の政策は?

法案提出数ナンバーワンなど議員として頑張ってきた篠原豪。

篠原豪はどのような政策を持っているのでしょうか。

安倍政権が行った安保法案については反対の立場で立憲主義に基づく現実的な法整備を掲げています。

経済政策では、生活の現場から暮らしを立て直すことを目指しています。

また、自ら身を切る改革で議員、報酬30%カットの政策を掲げています。

当選?落選?得票数は?

松本純、長島一由、篠原豪の3人の中で誰が当選して誰が落選するのでしょうか。

また、得票数はどれくらいになるのでしょうか。

前回の神奈川1区の選挙結果を見てみましょう。

3人の中で前回立候補していたのが、松本純と長島一由。

前回の選挙で松本純50%以上の得票数で大勝しています。

松本純   113,844票 52.4% 自民党

長島一由       68,061票  31.3% 維新

明石行夫       35,465票  16.3% 共産党

今回、長島一由が希望の党から立候補して、逗子市での実績がある篠原豪が出馬していますが、松本純の優位は揺るがないと見ています。

前回に比べて松本純は苦戦するでしょうが、おそらく松本純が当選することになるでしょう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク