「やってないのは日本だけ」この言葉には気をつけろ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人って国際機関とか世界がどうたらって感じに弱いですよね。

ユネスコがどうたらとか。

IMFがどうたらとか。

取り入れていないのは、日本だけとか。

でも、よくよく考えてみてください。

日本は主権国家です。

そして、欧米の国々とは文化も考え方も違う。

海外と違って当たり前なんですね。

そして、こういうのは政治利用されるケースが多くあります。

その理由をご紹介します。

IMFは財務省にいいなり

IMFは、国際通貨基金の略です。

主な業務は、財政危機に陥った国の管理・支援です。

なんか凄そうですよね。

エリートがいっぱいいて、財政破綻を防ごうとしてるような感じですね。

でも、実際は全然違います。

IMFには、多くの財務省の官僚が出向しています。

財務省のナンバー2も日本人です。

財務省は、増税派で増税をした人が出世するような仕組みが出来ています。

なので、IMFが日本に対して増税要求してくるのは、事実上財務省のいうことをそのまま言っているのと変わりありません。

そうじゃないとしても、内政干渉にあたるので国際機関にどうたら言われる筋合いはありません。

IMFの出資比率ですが、実は日本が2位の出資額を出しています。

もちろん1位はアメリカです。

IMFには色んな国から人が派遣されています。

なので、政治的な色が強いので、IMFの言うことを信頼する必要はありません。

逆に、IMFの発言は政治的意図があって、発信されているので、注視する必要があります。

導入してないのは日本だけは危ない

導入してないのは、日本だけだと焦らせる戦法を国会でよく取られています。

これも、政治的意図ありありですね。

導入とは具体的に何を定義しているか??

例えば、憲法9条に関してだって色々な解釈がありますよね。

「自衛隊は違憲」

とか

「集団的自衛権は合憲」

とか、解釈によって正反対の結論を出すことが出来てしまうのです。

最近の例で言うとマイナンバー制度。

NHKの論説委員が導入してないのは日本だけだと煽りました。

でも実際は、日本のマイナンバーのような制度を導入しているのは日本だけです。

著書「政府は必ず嘘をつく」にも

政府は必ず嘘をつく

価格:864円
(2016/4/25 18:34時点)
感想(0件)

ここまで一元化された制度は、先進ではまだどこにも導入されていない。
共通番号制度があるカナダやアメリカでは番号取得は「強制」でなくあくまでも「任意」、
イタリアの脳愛車番号は日本のように一生不変ではないし、フランスとドイツでは「納税」と「社会保障」の共通利用は行われていない。

さらに導入している国々の現状をみると、漏洩被害が多すぎて、ほとんどの国で背ウド自体の見直しが検討されているのだ。

と書かれています。

ようするに、政府が都合のいいように解釈をして導入をしているということにしています。

通常、野党が追求すべきなのですが、マスコミも安倍政権を追求することをためらっているので、なかなか表に出てこないのが現状です。

日本では報道の自由がなくなりつつあるので、国民がしっかりと政府を監視しなければなりません。

グローバル化というが

最近よく聞かれるのがグローバル化。

グローバル化しないと日本が乗り遅れると言われていますよね。

でも、国を開いてどうなったでしょうか??

全然良くなってないですよね。

むしろ、日本の技術が海外に移転してしまい、国内が空洞化しました。

それによって金融緩和をしても、貸し出す工場がなくなってしまったので、お金は使われないでデフレ状態です。

そもそも、日本ってそんなに悪い国でしょうか??

日本の文化って海外で高く評価されています。

むしろ、欧米化していくことにより、実は日本の評価は下がってしまうのです。

そして、グローバル化は世界に合わせるのではなくアメリカに合わせることです。

アメリカがトランプ旋風に湧いてますが、これは行き過ぎた資本主義にノーをつきつけているんですね。

グローバル化すると、日本も行き過ぎた資本主義に取り込まれ、格差が拡大し、貧困や失業が社会問題になります。

その最たるものがTPPですね。

まとめ

日本人は流されやすいですよね。

なんか世界が正しいことをしているように見える。

実際はそんなことはありません。

日本にもいいところがたくさんあります。

他人や他国の意見に左右されるのではなく、自分自身で考えて行動するようにしましょう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク