自由な社会だからって集団イジメが許されるのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の日本社会は基本的に自由だ。

自由な発言が基本的に保証されている。

好き放題言っても逮捕されることはほとんどない。
(見えないところであるかもしれないが)

いくら自由だからと言って、集団イジメは許されないと思う。

集団イジメが蔓延る日本社会

集団イジメが日本に蔓延している。

舛添のお金の問題はひどかったね。

ワイドショーがこぞってず舛添の問題取り上げていた。

まあ、こうやって悪玉として取り上げれる人って、とがげのしっぽとりみたいな話で、他のところに闇があるんだよね。

おそらく、都議会と都庁がひどいことになってるんだろうけど。

舛添は政治家だから言われてしょうがない部分もあるかもしれない。

それが、芸能人の不倫スキャンダルまで叩きに叩いた。

不倫しようがしまいが芸能人の自由じゃないか。

矢口真里、ベッキー。

女ばかりひどい目に遭っているっていうけど、それはうがった見方だよね。

そういった不倫のニュースに興味があるのは、女性だし。

昼のワイドショーで矢口真里とかベッキーとかの不倫を取り上げると視聴率が上がるから叩いんだろうね。

ファンモン加藤とか、ゲス川谷を叩いたって視聴率取れないもんw

日本人は嫉妬する文化があるから、見てて爽快だしお金になるからテレビも映すんだろうけど、だからって連日ベッキーの不倫を取り上げる必要があるのかな??

あんなのいじめだよね。

芸能人が私生活だらしなくたっていいじゃないか。

集団イジメが社会に悪影響を与える

今のマスコミによる集団イジメが悪影響を与える。

視聴者は人って信頼出来ないと思って、自分だけを頼りにする。

自分の利益を主張し、対立構造が生まれている。

だから、私利私欲にまみれる政治家がどんどん出てくる。

本来、政治家は自分の命を捧げてでも国をよくするといった気概がある人がなるものだ。

政治家の私利私欲によって、政治と国民の対立構造が生まれている。

これは世界中でも起きている現象。

この対立構造はやがて、戦争への道に突き進む。

自由な社会は道徳がないと成り立たない

自由な社会日本。

こういった社会は道徳がないと成り立たない。

皆が勉学に励み、国や国民のことを考えて生きていかないといけない。

自由と競争を同時に与えると、「お金持ち」対「貧乏」、「政治家」対「庶民」のように対立構造が生まれる。

もし、上のものが政治をやる自由な社会であれば、民衆に道徳はいらない。

上の人の道徳が国の良し悪しを決めるから。

でも、これだけ自由に発言できる社会なのであれば、皆道徳を勉強し、徳を身につけないといけない。

自由を維持するのはかなり難しいもの。

それなのに、自由のみを強調するからおかしいことになる。

幸い、多くの日本人もその矛盾に気づき始めている。

テレビが大々的に行う集団イジメに嫌気がさしている。

だから、私たちは尊い平和で自由な社会を維持するために、マスコミの集団イジメを抗議しないといけないし、それに煽られる人も少なくしないといけない。

自由な社会なんだから、私達庶民が国を守らないといけないよね。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク