ベーシックインカムは「イノベーション」を促進させる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月国民に無条件でお金などを支給する制度ベーシックインカム。

ベーシックインカムは国の根本を変える制度だから、賛否含めて様々な意見がある。

ベーシックインカムはイノベーションを促進させる。

起業の増加

ベーシックインカムは起業を増加させる。

今の日本の社会を変えたい、閉塞感を変えたいと思っている人は実はたくさんいる。

口にしていない潜在層っていうのがかなり言う。

いや、起業したいって心を抑えているのが実情かな。

起業したい。

でも、能力もないし、子どももいるのにそんなに無責任なことを言えない。

どうせ、周りに反対されるからやめよう。

そう思っている人が多い。

ベーシックインカムによって、最低限の生活が保証されるようになるから、起業しやすいような状況が作れる。

今は、デフレで不景気で消費をしないっていうけど、その理由はイノベーション不足。

欲しいものがないんだから買わないのは当然。

起業が増えれば、それだけイノベーションが増える。

フォロワーが増える

実は、今のベンチャーやスタートアップの現状は、人材不足なこと。

起業数が少ないわけではないんだよね。
(もちろん多いほうがいい)

どんなに優秀な起業家にはそれと同じくらいのフォロワーがいる。

世の中には、フォロワーの存在が出てこないけど、会社の2人目、3人目の社員がめちゃくちゃ重要。

それなのに、フォロワーになるべき人が大企業にいる。

それが問題。

大企業は凄いところは仕組み。

利益を出せる仕組み。

優秀な人がいても、いなくても大きく業績が変わらないのが大企業。

なのに、大企業にいる。

日本には圧倒的にフォロワーが足りない。

ベーシックインカムによって、口説きやすくなる。

最低限だけど、収入が保証されるからね。

あとは、日本人は周りの空気とかを気にするけど、起業したり、スタートアップに入るのが当たり前になる。

それによって爆発的に増える。

起業家を支援する仕組みが必要

今の日本に足りないのは、イノベーション。

起業家を増やすことが、日本の競争力増加に寄与するのに、起業家に対するセーフティーネットがない。

なのに、起業しろという。

まあ、ベーシックインカムでなくても起業家に支援できる仕組みがあればいいのだが、ベーシックインカムが一番あってると思う。

平等だからね。

アメリカのシリコンバレーがなんであれだけの世界的企業が出てくるのか。

グーグル、アップル、facebook。

それは、起業家が多いのであり、失敗した人へのセーフティーネットがあるから。

シリコンバレーは、政府がやっているわけではないけど、失敗を称える文化がある。

失敗をした人のほうが優秀だと思う文化がある。

だから、たくさん失敗をしてあれだけの企業が生まれる。

日本にもベーシックインカムなど導入して、セーフティーネットをしかないといけない。

起業家が国の宝と思うくらいに。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク