岡部光規、根本匠、西村恵美、平善彦は当選?落選?政策は?福島2区選結果予想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月22日に投開票となる衆議院総選挙。

今回は野党第一党の民進党が事実上の解党になるなど、選挙前から波乱が起きています。

選挙結果も波乱が起きそうな感じがする。

ということで、福島2区で立候補予定の候補者岡部光規(おかべみつのり)、西村恵美(にしむら)、根本匠(ねもとたくみ)、平善彦(たいらよしひこ)についてかなり調べてみました。

岡部光規、根本匠、西村恵美、平善彦のご紹介と当選か落選か選挙結果の予想をご紹介します。

根本匠

まず根本匠。

根本匠はこのメンバーの中でもひときわ輝く選挙実績を持っています。

それは過去7回の当選実績があるということ。

国会議員での活躍は後述しますが、過去7回の当選はかなり凄いことです。

根本匠は1951年に福島に生まれ福島で育ちます。

福島の安積高校を卒業した後に、東京大学経済学部を卒業しました。

東京大学卒業後建設省に入省して、建設省大臣官房政策企画官まで出世をした。

1993年に初当選後には、小泉内閣で内閣総理大臣補佐官や安倍内閣で復興大臣になるなど、様々な仕事をこなしてきました。

父はあの有名な根本正良。

根本正良は映画「硫黄島~戦場の郵便配達~ 」命がけの郵便郵送を行った海軍少尉が根本匠です。

その思いを継いでいるのか根本匠は「神道政治連盟国会議員懇談会」や「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に参加するなど保守系議員です。

根本匠の政策は?

根本匠の政策は外交安保は保守的、経済左派的な政策を打ち出しています。

その前にやはり大事なのが、福島の復興なのでそこについてご紹介したいと思います。

根本匠の政策の一丁目一番地が福島の「復興」と「地方創生」

東日本大震災で原発の事故など福島は耐え難いほどの災害に見舞われました。

福島県出身で復興大臣も歴任した根本匠には並々ならぬ想いがあります。

実は根本匠は東日本大震災が起こる前に、福島などの被災地に大きな貢献をしています。

それが、「地震防災対策特別措置法」。

阪神淡路大震災を受けて根本匠などは「地震防災緊急事業五箇年計画」で国庫補助率の嵩上げなど大震災が起きた時に必要なことのために動いていました。

根本匠

参照:根本匠ホームページ

長い国会議員生活の中で着々と仕事をこなしてきました。

外交安保については「北朝鮮の脅威に対し、国民の命・平和な暮らし守り抜く力強い外交を実現」と掲げています。

また、経済では「アベノミクス」や「全世代型社会保障」を支持をしていて、経済左派的な政策を打ち出しています。

スクリーンショット 2017-10-07 16.54.26

参照:根本匠ホームページ

岡部光規

次に岡部光規。

民進党の議員で今回は希望の党公認で立候補します。

岡部光規は1968年生まれで医師です。

東北大学医学部大学院、日本学術振興会海外特別研究員、アメリカ国立がん研究所を経て福島県内の病院で医師として活躍をしていました。

現在は4人の子どもを持つ優しいお父さんでもあります。

岡部光規の政策は?

岡部光規の政策はどうなっているのでしょうか。

岡部光規は希望の党公認なので、希望の党の政策を訴えいくことになりますが、果たして過去の安保政策や経済政策についてどうのように語っているのでしょうか。

過去の毎日新聞社のアンケートで岡部光規は憲法9所に反対、集団的自衛権の講師に反対をしています。

この点について岡部光規は説明責任をも求められるでしょう。

また経済政策のアベノミクスについては評価しない、消費税増税延期は賛成。

経済政策は希望の党と一致しています。

2014年衆議院選挙の演説の動画が以下にあるので、岡部に興味がある方は見てみてください。

平善彦

平善彦は日本共産党に所属しています。

平善彦は64歳で福島県本宮市出身。

本宮高白沢分校中退した後に、2012年、2014年に福島2区から立候補している。

平善彦に関する情報は少ししか出ていない。

政策は?

平善彦は日本共産党員なので、日本共産党の政策と一緒だと考えていいでしょう。

日本共産党といえば、反安倍政権、憲法改正反対。

大企業叩き。

反安倍政権の人であれば、平善彦に投票するのもありでしょう。

西村恵美

西村恵美は日本維新の会の新人です。

西村恵美は大手自動車メーカー勤務に勤務をしていて、現在都内に在住している54歳の女性です宮城県松島町出身です。

そして、意外なのが小池百合子都知事が起ち上げた政治塾「希望の塾」の1期生だということ。

会社員として働く中、中央大学大学院にも通っています。

西村恵美は「小池さんは運動靴とハイヒールの2足をはくといったが、私は会社員、母親、学院生、そして、衆院議員の4足のわらじをはき、がんばっていきたいです」と色々なことをやっていく姿勢です。

果たして、議員活動が忙しい衆議院議員と会社員、大学院などと一緒にできるのでしょうか。

疑問を持つ人も多いと思いますが。

西村恵美の政策は?

果たして西村恵美の政策はどうなのでしょうか?

西村恵美は憲法改正や安保法案などには賛成の立場を取っていて、原発も直ちに0は難しいと語っています。

また、子育て無償化や議員報酬カットなど従来日本維新が取ってきた政策に近いことを述べています。

当選?落選?選挙結果予想

岡部光規、根本匠、西村恵美、平善彦の中で誰が当選して誰が落選するのでしょうか?

わかりやすいのは前回の選挙結果。

得票数を見れば、今回の選挙結果予想も立てやすいです。

前回福島2区では根本匠、岡部光規、平善彦の3人が立候補しました。

根本匠、岡部光規、平善彦の得票結果は以下の通りです。

根本匠   91,686

岡部光規  58,358

平善彦      15,497

この選挙結果から分かる通り今回の選挙も根本匠と岡部光規の戦いになるでしょう。

残念ながら、西村恵美、平善彦は泡沫候補です。

焦点は希望の党から出馬する岡部光規がどれだけ票数を伸ばせるか。

希望の党は小池百合子だよりのところもあるので、メディアが小池百合子をどう取り上げるかも選挙結果に大きな影響が出るでしょう。

とはいえ根本匠が当選し、根本匠、西村恵美、平善彦の3人が落選するでしょう。

最近、メディアは小池百合子を見放しはじめした。

そして、左派陣営から今回唯一立候補した平善彦も当選するほどではないでしょうが、ある程度票数を伸ばすでしょう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク