藤井盛光が長岡市長選に立候補!どんな人??政策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤井盛光をご存知ですか??

藤井盛光は長岡市長選に立候補した長岡市長候補。

そんな藤井盛光についてご紹介します。

藤井盛光の特徴といえば、なんといっても曹洞宗の住職。

やっぱり坊主が目立つ。

そして慶応大学卒で理系のエリート。

理化学研究所脳科学総合研究センターの研究員をやるなどもしてきて、化学系の知識はかなり持っているのが藤井盛光の特徴。

藤井盛光は昭和天皇や福沢諭吉を尊敬していて、そこからもわかるように保守派。

教育の再生を掲げていて、道徳観の欠如、国を愛する気持ちを育てていく。

社会を規定するのは文化であり、文化は国の歴史により形作られます。戦後あらゆるものが日本になだれ込み、道徳観は崩壊し、拝金主義が蔓延り社会は混乱しています。今一度我々は何者か問い直し、あるべき社会に答えを出すためには日本人の視点で日本の歴史を理解する必要があります。

国を愛し、守るべきは守り、変えるべきは変える、真の保守日本人でありたい。

引用:藤井盛光オフィシャルサイト

藤井盛光が掲げている教育は至極当然なこと。

だが、教育を変えると言っても票にならないから、政治家達は国民の支持を受ける「経済成長」「子育て支援」「高齢者優遇」の政策をとっていく。

票にならないのに藤井盛光が第一に教育を掲げるのは、大いに支持したい。

教育では、テストの点数に囚われない「何のために生きるのか」を教えるような教育をすることを掲げている。

「哲学」ってことだよね。

日本人の幸福感がなぜ低いのか。

それは、「何のために生きるのか」を教えていないから。

今の教育は「頑張ること」に重きを置かれて、将来の希望を持てないまま働き続ける。

頑張っている人たちは頑張っているだけの見返りを求めるけど、今の社会じゃ見返りが返ってこないから、不幸感、閉塞感に社会が包まれる。

頑張れば頑張るほど不幸になるっていう状況におかれ、それは教育が頑張ることを重要視しているからに他ならない。

なんのために生きるのか。

これは幸せになるために最も必要なこと。

次が、家庭、子育て。

藤井盛光のいくつか挙げている政策の中で際立っている政策は以下の3つ。

給食費無料化
子ども医療費助成を高等学校まで引き上げ
出産関連費用無料化(妊婦健診から産後ケアまで)

藤井盛光は教育にも力を入れていく。

藤井盛光の政策3つ目は、科学起業都市を目指す。

もともと、理系の研修者(生)藤井盛光に言うことだから、説得力がある。

起業家に対する支援をする予定で最大1億円の無償援助をするんだって。

スタートアップにいた僕からすると大変応援した施策。

もし、起業して成功したら地域にかなりの雇用を生むからね。

インターネットの登場で起業はかなりしやすくなっている。

この科学企業都市に関しては、10年やって実を結ぶようなものだから、藤井盛光が目指しても長岡市民の理解が不可欠。

藤井盛光の政策最後が原発の是非。

藤井盛光は柏崎刈羽原発再稼働について「再稼働の機運が高まってきた折」には住民投票を行うんだって。

ここまで藤井盛光についてご紹介してきました。

僕が思うに藤井盛光が言うことは至極真っ当なことを言っていると思います。

票にならなくても長岡市民のため、長期的な視野に立って政策を掲げている。

藤井盛光が長岡市長に当選するといいですね。

このページは藤井盛光の政策を要約したものなので、藤井盛光に興味を持った方は、藤井盛光のホームページを見てみてください!

藤井盛光のホームページはこちら。

また、藤井盛光以外の候補や長岡市長選についてまとめているので、正しい投票行動を取るためにも是非、他の候補者のページも御覧ください。

長岡市長選の記事まとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク