速報!イギリスEU離脱確実。決定!なんで??どうなるの??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスのEU離脱が離脱派の勝利により、ほぼ確実となった。

これはイギリスBBCの速報。

イギリスBBCの速報で国民投票表で離脱はが多数で、イギリスEU離脱派勝利を発表しました。

なぜ、速報のようなイギリスEU離脱の結果になったのでしょうか??

これから、イギリスや日本はどうなるのでしょうか??

世論調査は既得権益側に有利に出る

なぜ、比較的有利と見られたEU残留派がEU離脱に負けてしまったのだろうか??

こういった世論調査は、既得権益側の有利になる結果が出る傾向がある。

お金を儲けているのは、海外に展開しているグローバル企業だから、お金持ち、権力者などは基本的にEU残留派に含まれる。

だから、世論調査よりか離脱派のほうが多い結果となった。

これってアメリカのトランプでも一緒。

でも、既得権益側の

人は無意識、意図的に関わらず、質問には自分の意図が出てしまうもの。

極端の例で言えば、

「EU離脱によって経済への影響が懸念されますがあなたはEU残留、離脱どちらが賛成ですか??」

って言われると、人はEU残留だって言いやすくなる。

こういうのってたまにあるんだよね。

普通の聞き方であっても、

「あなたはEU残留ですか??離脱ですか??」

って言われると、残留側と答えやすくなる。

人って自分が思っていることを少し強く言ってしまうもの。

だから、無意識、意図的に関わらず、既得権益側に世論調査が有利に出るようになっている。

スコットランドの独立

ちょっと前、イギリスではスコットランド独立の国民投票で話題になった。

この時は、スコットランド独立が反対多数で否決されたけど、イギリスのEU離脱派勝利、離脱確定によってスコットランド独立運動が再燃するだろう。

しかも、勢いはそれまで以上に。

スコットランドはイギリスよりEU派。

スコットランド独立国民投票の争点が、イギリスかEUかってなったときには、スコットランド独立の可能性が高まる。

イギリスのEU離脱によって、EUの崩壊がはじまるかもしれない。

EUで影響力のあるイギリス。

イギリスのEU離脱によって、EU全体の影響力が弱くなる。

もともと、イギリス以外の国でもEUへの不満が高まっていたので、大国イギリスの離脱によって雪崩を打つように離脱をはじめ、EUが崩壊するリスクがある。

ヨーロッパの緊張が高まる

今までは、EUとしてのヨーロッパだった。

だが、これからはイギリスとEUが利害を主張するようになる。

特に、世界経済が不透明、移民問題と問題山積の中で、他の国のせいにする気運が高まってくるだろう。

これは、イギリス以外のEU国の動向によっても変わってくる。

もし、EUが崩壊したら対立関係がカオスのような状態になる。

ヨーロッパで戦争の可能性も

ヨーロッパは戦争の歴史。

今はたまたま平和だが、戦争を繰り返してきた。

特にヨーロッパにとってダメだったのが、第二次世界大戦。

戦争の勝者も、敗者も全てヒトラーのせいにした。

どこの国も反省をしていない。

客観的な総括をしていない。

だから、ヨーロッパは同じ過ちを繰り返す。

それは、私達が死んだ後かもしれない。

いずれにしても、ヨーロッパはまた同じ過ち(戦争)を繰り返すだろう。

安倍政権に大打撃

このイギリスのEU離脱の速報が飛び込んできたのは、安倍政権にとって大打撃。

安倍政権はアベノミクスによって、経済再生を推し進めているが、イギリスのEU離脱は短期的には日本にマイナスな影響しか与えない。

世界経済は不安定感が増し、安定資産である円が買われる。

投資マネーもどんどん引いていくから、急速な円高株安がすすむだろう。

日本全体に不穏な空気が漂うようになる。

安倍政権は、消費増税で財務省に喧嘩を売ったから、メディアは安倍政権批判に舵をとるようになる。

だから、メディアは株安を使ってアベノミクス批判を繰り広げるだろう。

安倍政権は大打撃。

とりわけ、参院選への影響は甚大になるだろう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク