僕が日本に「民主主義」が向かないと思う理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

民主主義。

民主主義って素晴らしい感じがしますよね。

でも、民主主義がなぜ素晴らしいか考えたことはありますありますか??

素晴らしいって本当ですか??

でも、隣のアメリカを見てみてください。

毎年のように戦争を行い、自国民を殺し、貧富の格差が拡大しています。

最近では、テロ対策という名の悪法「愛国法」を10年以上続け、政府を批判する人は、テロリストと言って逮捕される可能性があります。

ヒトラーのような恐ろしい人も民主主義国で生まれました。

それでも本当に素晴らしいって言えるのでしょうか??

民主主義はいい面もあれば、悪い面もある。

民主主義は民度に比例する

民主主義って言葉を変えたほうがいいかもしれません。

多数主義とかにしたほうがいいと思います。

民主主義は民衆のために政治を行われると思っていますが、そうではないんですね。

選挙に勝つために、政治が行われることが多いのです。

いわゆる票を持っている団体の支援がある党が勝つようになります。

そして、その団体の利益が出るような政治が行われます。

それによって、さらに大きな団体になり政治に影響を与えるようになり政治が腐敗して、最終的には国が滅びます。

今の日本人は、マスコミや教育で教えられたことを鵜呑みにして、それに間接的に加担している状態です。

国民は政府を監視することを怠っている

民主主義のは国を監視しないといけません。

票を持っているので、国の政治の問題は国民の責任でもあるのです。

票を持っている以上は、国をしっかり監視しないといけません。

でも、政府への監視をどれくらいの人が行っているでしょうか??

政府が変なことをするわけないと思い込んでいますよね。

自分がなにしたって国は変わらないと思い込んでますよね。

こんな無責任で国がよくなるでしょうか??

当然、壊れていきます。

「保育園落ちた日本死ね」騒動にみる情報発信の大切さ

上の記事にも書いてありますが、普通の人が国を動かせるような時代になってきています。

人の常識より多数決が優先される

民主主義は実は恐ろしいのです。

多数派であれば、人を殺すことだってできちゃいます。

多数決で決まることなので、民意がそっちに動けばある民族を殺すことだってできちゃのです。

なので、道徳より民意が優先されます。

民意が国政に反映されます。

民度がその国の政治を左右するといっても過言ではないのです。

国が崩壊する前に

今の政権は、好き放題に政治をやっています。

刑事司法改革関連法案、通称盗聴法。「国家に監視される日が到来」

上のような「表現の自由」を奪うような法案を次々と審議入りさせています。

こんな政府を野放しにしていいのでしょうか??

日本人がしっかりと政治について勉強することを願うばかりです。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク