被災者に優しくてホームレスに冷たい日本人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎地震で思ったこと。

日本人は優しいなと。

被災者への思いやりのツイートが目立ちました。

でも、それと同時にふと違和感を感じました。

被災者には支援の手を差し伸べる

被災者に対してボランティアや募金などの支援の手を差し伸べています。

とりわけ、被害が大きかった東日本大震災では

「がんばろうニッポン」

コールが日本中で鳴り響きました。

そして、復興の速さ、被災者の秩序など世界中を驚かせました。

一方で、ある問題も考えさせられました。

ホームレスに対する自己責任論

被災者に対しては優しくする日本人。

でも、ホームレスには冷たいですよね。

失業者には冷たいですよね。

こんな社会で本当にいいんでしょうか??

ホームレスは被災者同様に苦しくて辛い思いをしています。

食べれないのは、当然そうですが社会に受け入れられなかったことを嘆いています。

失業した人の中には、恥だと思って生活保護を受け取らず餓死した人もいました。

これは、失業者に対する冷たい世論があると思います。

被災者に優しく、ホームレスに冷たい日本人。

僕は当事者でないからわかりませんが、もしかしたらホームレスのほうが被災者より辛い思いをしているかもしれません。

このホームレスや失業者に冷たい社会で本当にいいのでしょうか??

フランスのテロは悲惨でアメリカによる空爆は気づかないふり

フランスのパリでは、イスラム国によるテロで死者が出るという悲しい事件が起きました。

日本も悲しみにくれました。

その一方で、アメリカ軍などを中心にした空爆でイラク、アフガニスタン、シリアでは数万人以上の方が犠牲になっています。

これは、悲惨ではないんでしょうか??

むしろ、イスラム系の人より西洋諸国のほうがずっと酷いことをしてきました。

日本にも大東亜戦争では、広島、長崎に原爆が投下されました。

そして、空襲では無抵抗な市民に対して逃げられないように囲みながら、焼き殺しました。

これを国家単位でやっているのが西洋諸国です。

パリのテロも悲惨ですが、西洋諸国が行っていることはそれと比較にならないような規模で行われています。

考えて情報を受け取ろう

今のメディアは、庶民に対してはやさしい面を見せますが、弱者に対しては無視するなど冷酷な部分があります。

おそらく、意図的なものではなく自然と出てくるものですが、その認識が怖かったりします。

知らない間に弱者を切り捨てています。

弱者を切り捨てる社会は、それをどんどん拡大されます。

気づいたら、一般庶民すら切り捨てられる。

これを繰り返してきて、国は滅びてきました。

日本がこれだけ長い歴史があるのは、下の立場の人に対して配慮があるからです。

今の社会はそれがなくなりつつあります。

気づいたら、差別をして、切り捨てています。

たくさんの情報が流れていますが、ただ受け取るだけではなく、考えて受け取ることが重要になってきます。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク