米軍が「国境なき医師団」の病院誤爆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月にアフガニスタン北部のクンドゥズで起きた、「国境なき医師団」の病院がアメリカ軍の攻撃機に爆撃された件についてアメリカ中央軍のヴォーテル司令官が29日、記者会見し、最終的な調査結果を公表しました。

この誤爆で国境なき医師団は、42人が死亡して29人が怪我をしたとしている。

米軍は今回の誤爆を受けて、被害者への見舞い金と病院再建で約6億円を支払うというとのこと。

それによりますと、攻撃機の機器の故障に加え、搭乗員と指揮所との連携などが不十分で人為的なミスが重なった結果、本来の標的から400メートル離れた病院を目標と見誤って誤爆したと結論づけました。
そのうえで、攻撃に関与した幹部ら16人を規律に反したなどとして処分する一方、ヴォーテル司令官は「意図したものではなく、保護された場所や人に対する意図的な戦争犯罪の範ちゅうには入らない」と述べ、戦争犯罪には当たらないという見解を示しました。

引用:NHK NEWS WEB

以下の記事によると、米軍の誤爆でなくなった遺族への補償は64万円。

さらに、意図的に「国境なき医師団」の病院を攻撃したとしています。

まあ、確かに400メートルも離れてるところに誤爆して、しかも「国境なき医師団」のところにちょうどいっている部分があると、そう思われても仕方ないよね。

「病院を攻撃する数日前に米軍の特別作戦分析官が病院の情報を収集、アフガンの反政府武装勢力タリバンと協力するためパキスタンの工作員が病院を使っていたと思い込んでいた」

と報じるなど、「誤爆」ではなく意図的なものだという指摘がされています。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/19611913bb3d75c3460e21679357e447

米軍誤爆のネット上の反応はこんな感じ。

怒りの声が多数を占めてます。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク