ベーシックインカムの財源!財源問題はあってないようなもの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベーシックインカムは、国民国民に無条件で毎月お金を渡す制度のこと。

ベーシックインカムの議論で起こるのが財源があるのかっていう議論。

でも、財源であるようでないような議論なんだよね。

だって、財源はすぐ捻出できるから。

その理由をご紹介します。

ベーシックインカムの財源①相続税

ひとつ目の方法が相続税への課税強化です。

今の相続税は控除額かなり大きいために、税金として収められてる額はかなり少ないです。

しかし、相続税を100%取ればベーシックインカムは可能と言われています。

毎年約110万人の方が亡くなっていますが、そのうち高齢者が使い切れずに残していく財産が年間80兆円。仮にこの遺産相続人を国民全員にした場合、年間1人あたり64万円、月々にすれば約5万円が給付可能と試算できました。

小飼 弾
プログラマー、投資家

小飼さんはテクノロジーの観点から、今の社会制度を危惧し始め、調べた結果ベーシックインカムを推進しようとしています。

他にも小飼さんは、

月5万円をベーシックインカムとして国民に配るとすれば、72兆円かかります。巨額さに驚くかもしれませんが、実は72兆円という金額は、日本政府の扱うお金としては大金とはいえません。政府が社会保障のために配っているお金は年間80兆円くらいです。

と語り、貧困を撲滅するためにも、相続税で財源を確保して、ベーシックインカムを導入すべきだと語っています。

少子高齢化でこれからさらに多くの人が亡くなるので、相続性はこれから増えていきます。

月5万円程度でしたら、相続税だけ財源がまかなえちゃうんですね。

まあ、無くなったあとに少しでも財産を残してあげたいと思うのが、親心だったりしましよね。

これってけっこう考え方の部分が大きかったりします。

ベーシックインカムの財源②所得税

財源の2つめが所得税。

所得税は一律で税をかけます。

ベーシックインカムの所得税として一番推奨されているのが、一律45%。

国民の総所得額250兆と言われているので、45%の112兆円が財源になります。

例えば、月8万円の支給で122兆円と言われています。

どうやら、所得税でもベーシックインカムの財源はまかなえるようです。

ベーシックインカムの財源③消費税

ベーシックインカムの財源3つ目が消費税。

消費税が財源の問題の中で一番シンプルです。

ただ、消費税の問題の大きなところはデフレになる可能性があること。

一番徴税はしやすいので、現実的な財源もしれません。

この説を一番支持しているのがホリエモンこと堀江貴文さん。

堀江貴文は、消費税20%にすればベーシックインカムの財源は十分に賄えるということ。

どういう計算になっているかわからないので、消費税20%で財源が賄えるかはちょっと疑問です。

スイスやフィンランドなどでもベーシックインカム導入に向けた議論が進んでいますし、堀江貴文さんなどがベーシックインカムを広めようと頑張っているので、いずれ消費税何%が財源確保に適切かどうか欠トンがでるでしょう。

まとめ

このように、増税をすればベーシックインカムの財源は確保できます。

この方法を用いると反対する勢力がいるでしょう。

でも、この財源の確保って国民がする気があるかどうかにかかっています。

やる気があれば、国が変わり結果財源を確保できます。

ベーシックインカムまとめ

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク