ベーシックインカムのメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベーシックインカムとは、政府がすべての国民に対して無条件で定期的に支給するという制度です。

例えば、日本国民に毎月8万円を支払うといった形で、国から現金を支給します。

実は、このベーシックインカムはただお金を支給するだけではなく、国の考え方や価値観を一変させる制度です。

なので、ベーシックインカムの導入によるメリットがかなり大きかったりします。

財源問題などデメリットについて様々ことが言われていますが、まずはベーシックインカムのメリットをご紹介します。

行政の効率化

ベーシックインカムによって、様々な行政機能が効率化されるメリットがあります。

例えば、公共事業。

公共事業は、失業対策や景気対策の一貫で行われることが多々あります。

この公共事業は、利権とも絡み合って地元に公共事業を持っていくために政治家たちは頑張ったりします。

公共事業を景気対策という名目で使えなくなるので、無駄遣いが少なくなるメリットがあります。

他にも、たくさ行政のムダがあります。

他には、生活保護の支給。

まず、生活保護の支給に対する審査に莫大なお金がかかっています。

運営するのにもお金がかかります。

生活保護の審査は、自治体ごとに行われ、基準がけっこうバラバラです。

パチンコをしている人がもらっていて、逆に本当に苦しんでいる人がもらっていっない。

こんな不公平感があり、制度上の問題と限界が浮かび上がっています。

他にも、日本人より外国人のほうが生活保護支給の割合が高いとも言われています。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150215/plt1502150830001-n1.htm

厚生労働省自体が無くなったりもするし、無駄なことがとにかく少なくことがベーシックインカムのメリットです。

イノベーションの圧倒的な増加

イノベーション増加もベーシックインカム導入のメリットです。

ベーシックインカムにより、労働意欲が低下すると言われていますが、本質的には逆です。

労働意欲が上がります。

そもそも、日本人が仕事が嫌な理由は、仕事に対するプレッシャーや、お金がないので無理やり働いているからです。

これが、8万円を支給されることにより、起業などの挑戦による失敗へのセーフティーネットができます。

それにより、日本に多くある潜在的な起業家がたくさん起業して、起業の連鎖が起こります。

また、時間がたくさんできるので専門的な勉強会がたくさん増えます。

同じ分野での情報のやりとりが増えるので、イノベーションが増えるのもベーシックインカムのメリットです。

労働環境の改善

ベーシックインカムにより労働環境が改善されます。

毎月8万円支給されるので、無理してひどい環境の企業で働く必要性が低くなります。

いわゆる、労働奴隷状態から脱するということになりますが、労働環境を是正しないと人がやめてしまいます。

その点から、労働環境を是正に日本全体として取り組むようになり、労働環境が悪い企業は自然と淘汰さるメリットがあります。

多様な働き方の実現

多様な働き方がベーシックインカムにより実現します。

ベーシックインカムだけでは働いている生きてくにのは苦しいので、週3でおじさんがコンビニ働くとか今まではないようなことが起ったりします。

後は、趣味を仕事にできるようになります。

政治が好きな人は、政治家を追っかけて政治の不正を暴いたり、好きな選手を追っかけて取材を出来て情報を発信したりするようになります。

少ない一定のファンがその情報をたくさん見るので、それでもビジネスが成り立ち、多様な働き方、好きなことを仕事にするようになり、労働のストレスがへるのがベーシックインカムの大きなメリットだったります。

まとめ

国の在り方を変えるベーシックインカム。

ベーシックインカムによるメリットはたくさんあります。

そして、デメリットにだったり導入に向けての大きなハードルがあります。

いずれにしても、ベーシックインカムは私たちに夢を与えてくれる制度です。

ベーシックインカムについてこれからたくさん取り上げていくので、ご興味がある方は、facebookいいねをよろしくお願いします!

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク