18歳選挙権の問題点。このままだと「投票に行けない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までの選挙制度は、20歳以上が衆議院や参議院の国政選挙に投票できたが、今回7月10日に行われる参議院選挙の選挙権は18歳以上に引き上げれた。

私、個人的な意見としては賛成だ。

だが、18歳選挙権には大きな問題、弊害も存在している。

試験期間に丸かぶり

18歳選挙権は、高校生も選挙に行けることを意味している。

もちろん、高校生の多くはまだ18歳にはなっていないが、今回の参議院選挙じゃ7月10日なので、高校3年生の4分の1が選挙権を手にすることになる。

ここには、高校生ならではの問題点が存在する。

それは、試験だ。

日本の高校生の期末試験の勉強はかなり大変。

その試験期間に丸かぶりなのである。

試験期間に初めての投票に行くのは、かなり負担。

参議院選挙は3年に1回、だいだい同じ時期に行われる。

18歳も投票できるようになったんだから、参議院選挙の日程をずらすことも検討すべきだと思う。

部活動で選挙に行けない

部活動の練習や試合などで

高校生で部活動を本気でやっている人にとって、部活が全て。

高校生は勉強が仕事と思っているかもしれないが、部活を本気でやっている人にとってそれは2の次。

顧問が部活を休みにしてくれるだろうか??

普通の顧問はそんなの関係なしに練習、試合を入れるだろう。

休みにしたって選挙に行くだろうか??

普通の生徒は、普段の疲れを癒やすために遊びか家で寝込むだろう。

18歳に選挙権を与えても、高校生が投票に行かない可能性があるのだ。

大会で行けない

18歳選挙権で試験期間にも重なるが、大会とも重なる。

夏の最後の大会で。

例えば夏の高校野球の東東京、西東京大会は7月2日に開幕式が行われる。

となると、当然7月10日の選挙と重なる。

もちろん、他の部活動も重なったりすだろう。

せっかく18歳が投票券を与えても、選挙に行かなかったら意味が無い

高校生に最大な配慮を

大人の都合で高校生に選挙権を与えて、高校生のことをなにも考えない。

これで本当にいいのでしょうか??

高校生が選挙に行きやすいように最大限配慮すべきだと思う。

これは誰がやるべきというよりかは皆やるべきとと思う。

総理大臣、国会、教員、高野連などの組織・・・

皆が配慮すれば、選挙に行きやすくなる。

あとは、次の選挙からになるとは思うけど、参議院選挙の日程を7月じゃないところに移すとかね。

とりあえずで始めたからこういうことになる。

せっかく18歳に選挙権を与えたんだから、選挙に行きやすい状況を作ってあげよう。

この記事は良かったですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で政治が信じられない時に読むブログをフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク